男性のための香水のつけ方、マナー

女性は男のにおいにとても敏感!

イケメンが持てるのは当然、でも結婚したいとなると、イケメンばかりがもてるわけではありません。やはりいつも一緒にいる生活では、男性の香りが嫌だったらとても一緒にいたいと思わないでしょう。臭いイケメンより良い香りのする男性こそ女性の選択肢なのです。動物の本能をくすぐるのが匂いなのです。食欲を抑制する香りがグレープフルーツの香りであったり、性的な興奮を与えるのがフェロモンという匂い物質だったりするように、匂いは、脳に直接働きかける重要なものなのです。

女性がつい嗅いでいたくなる香りを

女性を引き付けるのは、男性らしい、それでいてきつくない、さわやかな香りです。いくらいい香りだといっても、男性がバラの臭いを漂わせていても、好印象は持ってもらえるかもしれませんが、あまり男性として意識してもらえるような匂いではありません。モテル香りと良い香りというのは違う事を認識しましょう。

モテる男性フレグランスはこれだ!
商品名 プレミアムパヒューム ストーリア
男性向けフレグランス

女ゴコロをくすぐる香水★女性モニターが大絶賛!!

女性が評価した香りで、彼氏に着けてほしい、男性にデートつけてきて欲しいなどとにかく女性受けがとてもいいフレグランスです。

開発のポイントは

「爽やかさ」 ギトギトした香りを嫌われますからね。
「男の色気」 異性を感じさせる匂いでないとね。
「女性ウケ」 女性が好きな匂いでないとね

10代〜30代の女性モニターの意見から作られたメンズセレクトオリジナルのグリーンシトラスの香りなので、多くの女性が、この臭いをつけている男性にひきつけられる可能性が大です。モテたい男性が是非ともつけたいフレグランスです。汗と混じってもいい香りが続く柑橘系のいいお借りが僕は好きです。

 

価格 容量 評価
6000円 25ml 男性向けフレグランス

 

不快な臭いを絶つ

せっかくモテル男性フレグランスを使っても、汗の臭いやも腋臭、加齢臭など、悪臭を放っているところに香りを重ねても意味はありません。逆に臭いが混ざりあって、逆効果の体臭になってしまいます。そのためには、まず体臭をできるだけ無臭にすること、そこにモテルフレグランスをつければ効果がでるというものです。

体臭を消すには体の中から
商品名 体臭サプリ「シューナックス」
男性向けフレグランス

体の中の臭い成分を臭いのしない成分に変えるサプリメント。汗のにおいが臭くなくなるという画期的なサプリ。天然植物エキスから作られているので安心

臭い成分を化学変化させて臭わない別の物質にする
中和消臭によって別の良いにおいで中和する
清涼飲料認可の物質をカプセル化しているので安心安全
内蔵から上がってくる口臭も改善できる
おならの臭いまで臭くなくなる効果が期待できる

体臭、加齢臭がきつくなってくる40歳代以降の男性には特におすすめ。もちろん、30歳代未満の男性も、まずは体臭をできるだけなくして、フレグランスを使うのがベストですよ。
口コミ(40歳代男性)
自分の後にトイレに入った家族が不思議に思うほど、便臭までかわってちょっとびっくりします。

 

価格 容量 評価
3900円 90粒 約一か月分 男性向けフレグランス

口コミは作成者の個人的な感想です。

フレグランスのつけ方も重要です。

あまり男性はフレグランス(香水)をつけなれていないと思いますので、フレグランスの使い方についても学んでおく必要があると思います。

男性のためのフレグランスのつける場所

男性向けフレグランス

汗の書きやすい部分につけてはだめです。
汗の臭いに交じってしまい嫌な臭いになる可能性も。ですから、わきやあしの臭いが特に気になるところには、付けてはいけません。また汗で流れてしまう可能性もあり、持続時間が短くなるかもしれません。

体温の高いところに着ける
フレグランスは蒸発して香わけですから、体温の高いところに着けるのが正解です。体温の高いところというと、血管が近いところになります。つまり手首の脈をとるところ、首筋の脈をとるところ、耳の後ろなどが定番です。また皮膚に直接つけるようにします。

 

フレグランスの量はほどほどに

男性向けフレグランス

フレグランス初心者の失敗は、ついつい多量につけてしまう事です。ほのかに匂う程度でいいので、つけすぎない事です。自分でそんなに臭いを感じなくてもいいのです。匂いのつけすぎは逆にあまり良い印象を与えないので注意しましょう。スプレー式のフレグランスは、一か所にワンプッシュでOKです。

フレグランスの種類

フローラル:もじどおり、花のかなりのフレグランスです。バラ、ジャスミンなどがよく使われているようです。
シトラス:柑橘系の化術のフレッシュでさわやかな香り。
シプレ:柑橘系の化術の香りとオークモスといわれる樫の木に生えるツノマタゴケからとれる成分。
フゼア:ラベンダーやゼラニウムなどの花の香りで、男性的香りを感じる香り。
コンフェクショナリー:バニラやツツジ目の樹液などの甘い香り
オリエンタル:没薬(モツヤク)、乳香、スパイスなどの香り
ムスク:雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる分泌物を乾燥した香料など動物系の香り、石鹸のような香り